登山計画は慎重に 筑波山で救助要請が増えています。

YOMIURI ONLINE(2018年10月24日)の記事によると、暗くなって下りられない登山者が急増し、救助要請が増えているという。

筑波山は877メートルと気軽に登山を楽しめるため、年間220万人以上の観光客が筑波山に来ています。
しかし、実際に登ってみると予想以上に厳しいコースもあり、油断は禁物です。
登山するときは、登山靴、手袋、着替えの服、軽食を持って、事前の計画をしっかりと立てましょう。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 筑波観光鉄道株式会社より 筑波山の山全体には約3,000本のつつじがあります。…
  2. ロープウェイ駅のある「つつじヶ丘」から「弁慶茶屋跡」を経て「女体山頂」を目指す約1kmの比較…
  3. 三百余念受け継がれた伝統と格式。ここ筑波山に新しい宿のカタチをご提案します。 クラシカ…

おすすめ

  1. 2019-4-30

    筑波山のつつじイベント開催

    筑波観光鉄道株式会社より 筑波山の山全体には約3,000本のつつじがあります。…
  2. 2018-8-28

    登山コース【おたつ石コース】(登り40分/下り35分)

    ロープウェイ駅のある「つつじヶ丘」から「弁慶茶屋跡」を経て「女体山頂」を目指す約1kmの比較…
  3. 2018-8-28

    筑波山温泉双神の湯 筑波山【江戸屋】

    三百余念受け継がれた伝統と格式。ここ筑波山に新しい宿のカタチをご提案します。 クラシカ…
ページ上部へ戻る